2016年05月04日

噛む犬のしつけ方法 カリスマトレーナーのしつけ法

9.JPG


特に噛む犬については悩みが深刻です。

体に負う傷は言うまでもないですが、


家族が愛犬に噛まれることによる心の傷の深さは計り知れません。


犬の体の大きさは関係ありません。


たった2,3キロしかない小さな体の犬によって、


家族全員の心が傷つき暗く沈んでしまうと言う状況になってきます。



詳しくは⇒噛む犬を専門的にしつけてきたカリスマトレーナーのしつけ法


ドッグトレーナーに犬のしつけをお願いしようとしても、


「噛む犬はお断りします。」といわれる場合があるようです。


噛む事で困っているのに、噛まないようになってから連れて来いとは


一体どういうことなのか不思議に思いますね。


一般的に言われている犬の問題行動は、人間にとっての問題行動であって、


犬にとってはそうせざるを得ない・・・と言う状況なのです。


それはとてもストレスになっています。



犬にとっても、人間にとってもストレスになってしまう行動はなんとか早く止めさせてあげることが一番だと思います。



詳しくは⇒噛む犬を専門的にしつけてきたカリスマトレーナーのしつけ法


凶暴性がどんどんひどくなってくると、もう触れない、近寄れない・・となってしまいます。


しかし、それでもほんの少しの突破口を開いてしつけをしていくことは可能なのです。


出来るところから後戻りしないようにしつけていく・・・これがしつけ法です。


あなたもワンちゃんのことで悩んでいるのかもしれませんが、


ワンちゃんの方も、何かに怯えていたり、身を守ろうとけんめいになっていたり、毎日が辛いのです。


人を噛むようになると、触れなくなり、近づけなくなります。


そうなると、まずは近づくというところから始めなければならなくなります。


今見えている行動だけをなんとかしようと思わないで下さい。


仮にバツを与えたり、叱ったりして吠えなくなったとしても、


それはワンちゃんがおりこうさんになるということではありません。


一時的に行動を押さえ込んでいるだけなんです。


詳しくは⇒噛む犬を専門的にしつけてきたカリスマトレーナーのしつけ法


posted by situke000 at 13:29| 噛む犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。